支部ニュース2020年

【解体・改修】令和4年4月より事前調査が義務化!!

2020年10月5日

厚生労働省は7月、建築物の解体・改修に伴うアスベスト(石綿)飛散防止対策の強化に向けて、石綿障害予防規則(石綿則)などの省令を改正しました。

主な改正内容は次の通りです。

一定規模以上の解体・改修工事(解体部分の床面積が80㎡以上の建築物の解体工事、請負金額が100万円以上の建築物の改修工事および特定の工作物の解体・改修工事)については、石綿使用の有無に関係なく、事前調査の結果等の届出(電子届により労働基準監督署に届出)が令和4年4月より義務化されます。

石綿則では、すべての解体・改修工事で事前に石綿使用の有無を調査しなければなりません。

今改正では、事前調査の調査方法が明確化され、調査実施者は「適切な知識を持つ者」とされ(令和5年10月施行)、調査記録の3年間の保存と作業現場への備え付けが義務化されます。(令和3年4月施行)

また安衛則の改正では、計画届の対象が拡大され、耐火建築物や準耐火建築物の吹き付け石綿の封じ込め・囲い込み作業などが追加されました。(令和3年4月施行)

施行日は、改正事項によって異なりますが、今後施行に向け、書類等の整理が進められていきます。

◎●◎事前調査等の届出が必要な工事◎●◎
①解体工事部分の床面積の合計が80㎡以上の建築物の解体工事
②請負金額が100万円以上の特定の工作物の解体工事

③請負金額が100万円以上の建築物または特定の工作物の改修工事

~三重県建設労働組合中央支部~
TEL:059-252-2068
FAX:059-252-2080
Mail:kenro-chuo@zc5.so-net.ne.jp
HP https://kenro-chuo.jp
Twitter https://twitter.com/kenro_chuo
Facebook https://www.facebook.com/kenro.chuo
 

加入に関するお問い合わせは三重建設労働組合 中央支部まで

支部ニュース


ページのトップへ